女性

小陰唇が擦れて痛む|大きさの悩みは縮小手術で解消しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関の選び方

悩む女性

小陰唇の大きさに不満を抱えているという人は医療機関で縮小手術を受けるといいでしょう。縮小手術を受ける先を選ぶときはプライバシーの配慮があるか、実績があるか、保証の有無などを確かめましょう。

Read

手術の流れを知る

お尻

小陰唇が大きくて困っているという人は医療機関で縮小手術を行なうといいでしょう。手術は約30分程度で終えることができ、傷跡もほとんど目立ちません。カウンセリングのときに希望のデザインを伝えましょう。

Read

費用と年齢

女の人

小陰唇を縮小したいという人は意外と多いです。その手術は未成年から60代以上まで幅広い世代が行なっているのです。未成年の場合は同意が必要となるでしょう。手術は保険が適用されないので気をつけましょう。

Read

平均的な大きさと原因

女の人

女性器に関する問題を人に話すことができるという人は少ないでしょう。例えば、黒ずみやニオイ、女性器の形や大きさ、膣のゆるみなどデリケートゾーンには様々な問題があります。人に話したり比べたりすることができない部分なので問題を抱えたままにしてしまうことが多いのです。女性器の一部に小陰唇というものがあります。これは尿道や膣の入り口に被さり、蓋のような役割を果たしているものです。この小陰唇の大きさに悩んでいるという人がいます。例えば、普通より大きいと自転車やバイクにまたがったときに下着と擦れて痛くなることがあるのです。また、下着と擦れることが多いので黒くなりやすいのでそれを気にする人もいます。左右の大きさが違っている場合もあるでしょう。このように小陰唇が大きくて困っている場合は医療機関で縮小の手術を行なうといいでしょう。小陰唇の平均的な大きさは大陰唇から少し出る程度です。明確な決まりがあるわけではありませんが、だいたい1センチ程度で、5ミリから2センチが範囲となっています。小陰唇が大きくなる原因は遺伝や体質てきなものが大きく関わっているといわれています。また、下着やナプキンとの摩擦やホルモンバランスによっても大きさの変化が見られるのです。これらの理由で小陰唇を縮小させたいという人は婦人科や婦人科形成へ足を運ぶといいでしょう。そこで行なわれている縮小手術で形や大きさを整えることができます。また、診断を受けることで縮小するべきサイズなのかどうかがわかり安心できるでしょう。