ウーマン

小陰唇が擦れて痛む|大きさの悩みは縮小手術で解消しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

手術の流れを知る

お尻

デリケートな問題の1つに女性器の悩みがあります。女性器は自分で見ることも少なく、人と比べることもありません。形や色、大きさなどが普通であるかどうか確かめにくい場所で、そこに悩みを抱えている人もたくさんいるのです。そんな女性器のなかで膣の入り口に覆いかぶさっているのが小陰唇というものです。小陰唇の大きさは人によって違いますが、平均的な大きさは大陰唇から少しはみ出る程度だといいます。この部分が肥大してしまうと、下着と擦れて黒ずむことがあるのです。また、自転車やバイクにまたがったときに痛みを感じてしまう人もいます。デリケートゾーンの黒ずみや痛みが気になるという人は医療機関で縮小手術のことについて聞いてみるといいでしょう。小陰唇の縮小手術をするときにはまずカウンセリングが行なわれます。どんな悩みがあってどのように形を整えたいのか、デザインについて医師と相談しましょう。その次の診察で小陰唇縮小の手術を行ないます。ほとんどの医療機関は全身麻酔ではなく局所麻酔を使用して手術を進めるでしょう。なかには麻酔クリームやテープを使うことができる医療機関もあります。次に高周波メスを利用してデザインに合うように切開を行ないます。大きすぎる部分を切除して縫合を行ない形を整えるのです。高周波メスを使うことで縮小手術を約30分程度の時間で終わらせることができるでしょう。小陰唇は血流がいい部分なので、傷の治りが早く跡も目立つことはありません。術後、翌日からすぐにシャワーを浴びることもできるでしょう。